ぬちぐすい

ぬちぐすいとは・・・

ぬちぐすい(ヌチグスイ・Nuchigusui)は、
沖縄の言葉で、美味しい食べ物、旨い酒などを意味する言葉。
「ぬち」は命、「ぐすい」は薬を意味し、文字通り、命の薬となるような
食べた(見た)だけで元気になるような食べ物、飲み物を指す。
また、(薬になるほどに)とても美味しい、という意味もある。

「ぬちぐすい」は、食べもの、飲み物のみならず、綺麗な景色や、素敵な音楽、言葉、愛情など、
疲れが吹き飛ぶような、癒されるような、心が温かくなるような、
力が湧いてくるようなものすべてに用いる言葉。

スポンサードリンク

お店の名前や商品にも使われ、「ぬちぐすい」のすいを「水」にした
「ぬちぐ水」というお水も販売されている。

Share