島マース

島マースとは・・・

島マース(シママース)は、沖縄の塩のこと。
「マース」が塩、シマ(島)は沖縄を指し、シマのマースで、「沖縄の塩」の意。
「マース」は「真塩」が転訛したものといわれる。

平釜で、時間をかけてゆっくりと結晶化して作り上げるので、粒は粗めだが、
ミネラルやビタミンEがたっぷり含まれた旨味の濃い塩となる。
旨味が濃いのみならず、老化防止や健康維持に効能のあるビタミンEやビタミンCを含むので、
体に良い塩といわれる。

スポンサードリンク

白身魚をマースで煮込んだ「マース煮」がよく知られる。

Share