興津鯛

興津鯛とは・・・

興津鯛(おきつだい・オキツダイ・Okitsudai)は、

静岡県静岡市沖で獲れる甘鯛(アマダイ・シロアマダイ)のこと。またはアマダイの一夜干し(干物)の事。アマダイの地方名。

スポンサードリンク

身はふっくらとして旨味があり肉厚。

徳川家康が駿府城にいた際、興津出身の奥女中「興津の局」が実家から戻る際の土産として生干しのアマダイを献上、それを食した家康がそのアマダイをいたく気にいり、興津の局が持参したことから、以後「オキツダイ」と呼ぶがいいと言ったことから「興津鯛」と呼ばれるようになったという。そのほか「興津鯛」の名の由来は諸説ある。

Share