合馬たけのこ

合馬たけのことは・・・

合馬たけのこ(合馬筍・おうまたけのこ・Ouma takenoko)は、
福岡県北九州市小倉南区の合馬地区で、栽培、収穫される筍。ものによっては一本一万円の値がつく高級たけのことして知られる。

合馬地区は全国でも有数の竹林面積を誇る地域で、土壌が粘土質の赤土のため、筍が日光や空気にふれにくく青くさいエグ味の元となるシュウ酸を生成してしまうのを抑えるので、甘みのあるおいしい筍となる。

スポンサードリンク

また、収穫される際は、地面から頭を出す前のまだ白い部分が多い状態で掘り出されるので劣化しておらず、甘くてエグ味が少ない。刺身として生で食べることもでき、梨のような食感と豊かな味わいを楽しめる。

合馬たけのこの食べ方

ワサビ醤油をつけて生(刺身)で、煮もので、天ぷらで、酢味噌をつけてたけのこのしゃぶしゃぶで、たけのこご飯で、たけのこの味噌汁で、焼いて木の芽味噌やワサビ醤油をつけて、と様々な調理法で頂ける。

Share