ぽっぽ焼

ぽっぽ焼とは・・・

ぽっぽ焼(ポッポ焼き・ぽっぽやき・Poppo yaki)は、

新潟県の下越地方、新発田市を発祥とする、茶褐色で細長いパンのような形状をしたお菓子。蒸気パン、蒸気焼きとも。新潟名物。新潟の郷土菓子。

スポンサードリンク

(薄力粉)に、黒糖と炭酸、ミョウバンが練りこまれた生地を焼いたもので、もちもちっとした食感と黒糖の風味と素朴な甘さが印象的な菓子。元々は新発田市で売られていたお菓子だが、
現在では広く新潟県内各地で売られ、特にお祭りや花見などの屋台には欠かせない。

その名は、ぽっぽ焼きを焼く専用の機械(焼き器)から出る蒸気に由来するといわれ、その様子が蒸気機関車(汽車ポッポ)のようだからだとも、客寄せのために焼き器の蒸気口につけた笛からなる音が「ぽっぽー」と聞こえたからだともいわれる。

Share