焼鯖そうめん

焼鯖そうめんとは・・・

焼鯖そうめん(焼鯖素麺・焼き鯖そうめん・焼き鯖素麺・焼きさば素麺・焼きサバ素麺・焼きサバそうめん・Yakisaba somen)は、

滋賀県長浜市の郷土料理。長浜名物。鯖素麺(鯖そうめん・サバそうめん)。湖北地方の郷土料理。

スポンサードリンク

焼き鯖を醤油や酒、みりん、砂糖などの入った甘辛い汁で煮込み、さらにその煮汁で茹でた素麺を煮て、一緒に盛り付けたもの。そのまま単体ではなくご飯のおかずとして食することも多い。

その発祥は、農家へ娘を嫁がせた親が農繁期に多忙であろう娘を気遣って、嫁ぎ先に若狭湾産などの焼鯖を届けたという「五月見舞い」と呼ばれる湖北地方の習慣に由来するという。

現在は長浜市内の飲食店などでも提供されているが、元々は農繁期でも手軽にさっと作れる家庭料理として食べられてきたものであり、また、曳山まつりの際に、客をもてなす「ハレの日のご馳走」として供されてきた料理。

焼き鯖そうめん

Share