忠七めし

忠七めしとは・・・

忠七めし(忠七飯・ちゅうしちめし・Chushichimeshi)は、
埼玉県の小川町で江戸時代末期から食べられている郷土料理。日本五大銘飯の一つ。
お椀にご飯を盛り、薬味のさらし葱、わさび、柚子をのせ、その上からどびんに入れた、鰹節で取った熱いつゆを注いで食べる。
山牛房の味噌漬や浜納豆が添えられる。

幕末の志士で、剣豪、禅、書の達人としても知られた山岡鉄舟が、この地に滞在した際に生まれたといわれる料理。
江戸時代、海苔や鰹節はまだまだ庶民には手に入りにくかった品で、それらをふんだんに使ったこの料理はご馳走であった。

スポンサードリンク

うずめ飯を食べられる店:

[店  名]:割烹旅館 二葉
[住  所]:埼玉県比企郡小川町大塚32
[電  話]:0493-72-0038
[​営​業​時​間​]:​​11:00~14:30(L.O.)16:00~20:00(L.O.)
[​定​ ​休​ ​日​]​​:第1月曜日

スポンサードリンク

Share