桜肉

桜肉とは・・・

桜肉(さくら肉・サクラ肉・桜にく・さくらにく・Sakuraniku)は、

馬の肉()のこと。たんに「桜(さくら)」ともいい、馬肉を用いた鍋は「桜鍋」、生の桜肉(馬刺し)と納豆を混ぜたものは「桜納豆」という。

スポンサードリンク

馬肉を桜肉と呼ぶようになった理由には諸説あり、その見た目が美しい桜色をしているから、桜の咲く季節になる頃が一番美味しいから、などといわれるが、一説には、獣肉を町の店で食することが一般的ではなかった江戸時代、「山くじら」といって猪肉を提供する店があったり、イノシシを牡丹(ぼたん)、鹿を紅葉(もみじ)と呼んだように、隠語・符丁として馬肉も桜()と呼び、それがいつしか広く浸透したもの、ともいわれる。

桜肉
桜肉 刺身(馬刺し)
Share