三温糖

三温糖とは・・・

三温糖(さんおんとう・Sanonto)は、

(しょとう=・サトウダイコンなどから抽出される糖)を、結晶させた砂糖の一種。結晶化させる過程で数回加熱することから、「三温糖」の名がある。

スポンサードリンク

製法は上白糖(白砂糖)に似るが、上白糖と比較すると僅かに純度が低く、加熱する工程でカラメルが生成されるため、黄褐色を帯びているのが特徴。

独特の風味としっかりとした甘味とコクがあり、料理をツヤよく仕上げるのによく、、照り焼き、、漬け物、お菓子などに向いている。(転化糖が含まれるのでグラニュー糖に比較すると加熱時にメイラード反応が起きやすく焦げやすいので、焼き菓子にグラニュー糖のほうがむいているとされる。)

三温糖は白砂糖よりも体にいい?

その見た目から、白砂糖やグラニュー糖などよりも精製度が低い=ミネラルなどを多く含んでいるように思われることも多い三温糖だが、黄褐色を帯びた色は数度の加熱によるものであり、含まれるミネラル分は、白砂糖やグラニュー糖と比較しても大きな差があるわけではない。

Share