ささがき

ささがきとは・・・

ささがき(笹掻き・Sasagaki)は、
主に、ごぼうやニンジンなど細くて固い野菜を切る際に用いられる切り方の一つ。
包丁でごぼうやニンジンを回しながら、向こう側(もしくは外側)に
「こそぐ」ように、「削る」ようにして、細く切っていく切り方。

大きさは多少不揃いになるが、比較的容易に細かく切ることができる上に、
表面積が増えるので味がしみやすい。

スポンサードリンク

きんぴらごぼうなどの炒めものや、ドジョウ鍋、柳川鍋をはじめとする
鍋や汁物の具材として使われるごぼうが「ささがき」にされることが多い。

切ったものが「笹の葉」に似ていることから、「笹掻き(ささがき)」と呼ばれる。

Share