シャケ

シャケとは・・・

シャケ(しゃけ・Shake/ Syake)は、
サケ目サケ科サケ属の魚、)のこと。本来の鮭は「白鮭(しろさけ・しろざけ)」(秋鮭(あきざけ)・秋味(あきあじ)だが、昨今では銀鮭や紅鮭も特に区別なく「シャケ」と呼ぶ事も多い。

「シャケ」は、鮭の慣用読み、方言ともいわれ、東京をはじめ、新潟や茨城~、中国、九州の一部地域(福岡や長崎など)で日常的に使用されている割合が多いといわれるが、鮭を「さけ」と呼ぶ地域と「しゃけ」と呼ぶ地域に明確な区切りはなく、個人、家庭、地域によってもばらつきがある。また、身の状態や料理によって呼び名が変わることも少なくない。

スポンサードリンク

例えば、生きているものや生の加工されていないものを鮭(さけ)といい、「塩鮭(しおじゃけ)」や「鮭(シャケ)のおにぎり」等、加工されたものや調理されたものを「シャケ」という、などの説もあるが、北海道や東北のある地域の漁師は加工されていないものでも「シャケ」と呼ぶという指摘もあり、料理でも鮭雑炊(さけぞうすい)、鮭のムニエル(さけのむにえる)と呼ぶなど、統一性もなく、いずれも推測の域を出ない。

Share