浜松餃子

浜松餃子とは・・・

浜松餃子(はままつぎょうざ・Hamamatsu gyoza)は、
静岡県浜松市を中心に食べられている餃子。
一時期、宇都宮を抜いて餃子の消費量全国一位になったことでも有名な浜松のご当地グルメ。

戦後、浜松駅周辺には屋台で食べ物を出す店が多く出ていたが、
その中で餃子を出す屋台があり、その美味しさが次第に評判となって、市民に広まっていったのが始まりで、
これが様々な形で伝えられ今のような形になったのが「浜松餃子」といわれる。

スポンサードリンク

現在、浜松市内に餃子を提供する専門店はおよそ80軒、居酒屋など合わせると、300店以上存在する。

浜松餃子の特徴は、茹でたもやしがつけあわせとして添えられていること。

今のように専用の四角い餃子焼き器がない時代には、丸いフライパンで餃子を焼いていたが、
フライパンの中にぐるっと円を描くようにして餃子を並べるとどうしても真ん中に隙間が出来てしまい、
皿に盛ったときにそれでは見栄えが悪いので、茹でたもやしをサービスとして真ん中に添えたという。

浜松餃子

浜松餃子

スポンサードリンク

Share