ざらめ

ざらめとは・・・

ざらめ(・粗目・双目・Zarame)は、
サトウキビ(またはテンサイ(サトウダイコン))を絞った汁を煮詰め、
濃縮し、結晶させた砂糖の一種。ザラメ糖(双目糖・粗目糖)。中双糖(中ザラ糖)。

結晶が大きくて水分が少なく、
精製時または仕上げ後にカラメルを付加するために、黄褐色がかっているのが特徴。
純度は高く、糖度99.7度前後。

スポンサードリンク

結晶の大きさからくる「粗目(あらめ)」が転訛して「ざらめ」となったともいわれる。

地域や家庭、店により、キザラ、黄ざら糖(キザラ糖)、黄双目(黄ザラメ) とも。
一般には、白双糖(白ザラ糖)と共に、中双糖(中ザラ糖)を「ザラメ」と呼ぶことが多いが、
白双糖を白ザラメ、中双糖は黄ザラメ、精製前の粗糖を使用したものを赤ザラメとも呼ぶ。

カラメルの風味と、さっぱりとした甘みを持ち、料理に照りとコクを与えるので、
、佃煮、くぎ煮、煮豆、さつま揚げ、漬物(奈良漬けや福神漬け等)などに用いられる。

また、高温でも溶けにくく、完成品に残る「じゃりっ」と甘い食感と風味が好まれ、
ザラメせんべいや、カステラの底の部分などにまぶされるほか、
カルメ焼き(カルメラ焼き)や綿菓子などにも用いられる。

綿菓子用に、ピンクや青、緑等の色と、イチゴやブルーハワイ、メロン等の香りを付けた
ザラメ(綿菓子用カラーザラメ)も市販されている。

Share