とり野菜みそ

とり野菜みそとは・・・

とり野菜みそ(とりやさいみそ・Toriyasaimiso)は、

石川県かほく市の株式会社まつやが製造、販売している調味味噌(ちょうみみそ)。大豆と米麹から作る石川県の家庭の味噌をベースに、各種香辛料などを混ぜ合わせた調味味噌で、手軽に作れて美味しく食べられる「鍋のもと」として、また炒め物や西京焼き用の味噌として、県内の人々に愛されている。

スポンサードリンク

とり野菜みそ

「まつや」の創業者の先祖で、廻船問屋を営んでいた松屋和平が、船員たちに味噌を使って鍋を振舞ったのがその始めという。

発売開始は1973年。米みそに、チキンエキス、チキンオイル、魚介エキス、ガーリックパウダーなど、11種類以上の材料がブレンドされており、年間450万袋以上を製造出荷している。県内のスーパーのほか、コンビニなどでも販売されている。

豚肉やタラ、白菜、、えのき、もやし、春菊、人参、ニラなどの野菜と「とり野菜みそ」を入れて煮込めば、簡単に鍋が楽しめる。

豊かな風味と甘みとコクのある味わいで、たっぷりの野菜を美味しく食べられるとして人気で、石川県内で家庭で作る鍋といえば、「まつやの「とり野菜みそ」」と答える人も多いという。

「とり野菜みそ」の「とり」は、栄養や野菜を「摂る」の「摂り」(とり)からきている。

とり野菜みそ

Share