年明けうどん

年明けうどんとは・・・

年明けうどん(としあけうどん・Toshiake udon)は、
「うどんが太くて長い」ことから、昔から正月に「長寿」を願ってうどんを食べる習慣のある香川県で、「年越しそば」に対する食べ物として2009年(平成21年)に、讃岐うどんの関係者らにより設定されたもの。正月らしい「おめでたい」意を表す為に、「赤い日の出蒲鉾」や「茹でたエビ」などの赤い食べ物を具としてトッピングすることが決められており、食べる期間も元旦から1月の15日までと定められている。

スポンサードリンク

Share