山うど

山うどとは・・・

山うど(山独活・やま独活・山ウド・やまうど・ヤマウド・Yamaudo)は、
ウコギ科タラノキ属の多年草「うど」の中で、山の傾斜面などに自生しているもの、土の中で軟白栽培されていないものを指す。(土の中で軟白栽培された白いウドを白独活(白うど・軟白うど)と呼ぶ。)

香りが強い山菜として知られ、日本では古くから食べられてきた山菜の一つ。新芽、若葉、つぼみ、茎が食用となり、天ぷらや酢味噌和え(ウドの酢みそ和え・ぬた・ぬた和え)、胡麻和え、、味噌漬け、塩漬け、炒めもの、煮もの、きんぴらなどで食される。

スポンサードリンク


山うど
Share