ゆりね

ゆりねとは・・・

ゆりね

ゆりね

ゆりね(百合根・ユリ根・Yurine)は、コオニユリ、オニユリ、ヤマユリ、鹿の子百合等の
ユリ科ユリ属の球根植物の鱗茎(球根)。

栄養が豊富で、サツマイモのような甘みがあり、食用としてのほか、
漢方としても用いられてきた。

スポンサードリンク

アクセントとして茶碗蒸しなどによく用いられるほか、蒸し焼き、含め煮などにされる。
揚げたものも美味。

主な産地は北海道で、生産量の90%以上を占める。旬は秋から冬。

ゆりねの天ぷら

ゆりねの天ぷら

Share