ぜいたく煮

ぜいたく煮とは・・・

ぜいたく煮(贅沢煮・ぜいたくに・Zeitakuni)は、
沢庵漬けを煮たもの。たくあんの煮物。そのままでも食べられるものをわざわざ調理することから、「贅沢」な煮物、ということで「贅沢煮」の名がついたといわれる。たくあんの贅沢煮。おこうこのぜいたく煮。滋賀や京都の郷土料理。郷土食。沢庵漬けを塩抜きしてから、出汁で煮て(または炒めて)、、酒、砂糖、唐辛子、白ゴマ、ごま油などで味付けする。出来立ての温かいものや冷えたものを、ご飯のおかず、酒の肴、茶漬けなどに食する。レシピや調味料は多少異なるがほぼ同様のものが、岐阜、富山、石川、福井などでも食べられており、地域や家庭により「たくあん煮」「ふるさと煮」「煮たくあん」「たくあんの煮たの」「たくあんの炊いたん」「大名煮(たくあんの大名煮)」(京都)、「沢庵のおばこ煮」(岐阜)、「いりこぐ・いりごき」(富山)、「おもくじ」(石川)等と呼ばれている。味付けに味噌や酒粕を使う地域もある。

ぜいたく煮
ぜいたく煮(滋賀)

スポンサードリンク

Share