やたら

やたらとは・・・

やたら

やたら(ヤタラ・Yatara)は、

長野県の北信地域、主に飯綱町を中心とするエリアで食べられている夏の郷土料理。郷土食。北信州の郷土料理。

茄子、キュウリ、茄子、、シソ(大葉)、茗荷()などの野菜や香味野菜と味噌漬けなどの漬物を細かく刻んであわせ、醤油などで調味したもので、ご飯の上にのせて食べたり、素麺のつゆに入れて食する。地元の人々には夏の味覚として親しまれているお惣菜。各家庭ごとにそれぞれ作り方や用いる材料が微妙に異なり、それぞれの味わいがあるという。伝統的には「ぼたんこしょう」と呼ばれる丸っこい形をした青唐辛子を入れる。

やたら

その名は、材料となる野菜や香味野菜を「やたら」に沢山細かく切ることからきているとも、「やたら」に美味しいことからきているともいわれる。

よく似た料理に、山形県の郷土料理として知られる「だし」がある。
→ だし

Share