めぎすの塩茹で

めぎすの茹でとは・・・

めぎすの塩茹で(メギスの塩茹で・めぎすのしお茹で・メギスの塩ゆで・めぎすのしおゆで・Megisu no Shioyude)は、
内臓とうろこを取った新鮮なメギスを塩水で茹でた(煮た)もの。石川をはじめ、新潟や福井(※)などでは、活きの良いを塩水でさっと加熱調理した「魚の塩茹で」がの一つとなっており、メギスのほか、などを塩茹でにして食べる。家庭や店によって、煮る際にを加えることもある。食べる際には醤油や醤油、ぽん酢などをつけて食べる。

元々は、漁師が船上で獲れた魚を手軽に海水でさっと茹でて食べたのが発祥ともいわれるの一つ。素朴でシンプルな料理ながら、新鮮な魚の本来の旨味を味わえる料理。

→ メギスとは

※茹でてから少し水分を蒸発させたもの(乾煎りしたもの)は「塩いり(メギスの塩いり)」と呼ばれ、福井の一部地域の家庭料理となっている。

Share