エスカロップ

エスカロップとは・・・

エスカロップ(Escalope)は、
一皿の上に数種類の料理を盛りつけた洋風皿盛り料理の一つ。北海道のご当地グルメ、B級グルメ、。ケチャップでご飯を炒めたケチャップライス、またはバターライスの上に、ドミグラスソース(デミグラスソース)をかけたカツをのせ、生野菜を添えた料理。北海道の根室地方のご当地グルメ、名物として知られ、主に根室市内の喫茶店やレストラン、食堂などで提供されている。

根室市の洋食レストラン「モンブラン」の料理人が、「地元の漁師が手早く空腹を満たせるようにボリュームのあるメニューを」と考案した料理が発祥といわれ、そのインパクトや美味しさから、次第に市内に広まったという。元々は薄切り肉のソテーもしくはカツレツが載っていたといい、薄切り肉をハンマーでたたいてさらに薄くしたものを意味する「エスカロープ(Escalope)」が語源と伝えられている。(諸説あり)

現在も「カツ(ポークカツ)」は比較的薄い肉を用いている店が多い。

「エスカロップ」を略して「エスカ」ともいい、ケチャップライスを用いたものをその見た目から「赤エスカ」、バターライスを用いたものを同様に「白エスカ」とも呼ぶ。

Share