ハラス

ハラスとは・・・

サケのハラス焼
サケのハラス焼

ハラス(はらす・腹須・Harasu)は、
魚の腹の部分。「腹身(はらみ)」「はらも」「はらし」とも。でいうトロ・大トロの部分にあたる。

北海道では特に、のハラス(鮭ハラス・サケハラス・鮭はらし)が知られており、脂と旨味の乗っの部位を好む人も多く、やガスで焼いた「鮭のハラス焼き」「ハラスの」が居酒屋メニューの定番となっているほか、定食(ハラス定食・ハラス焼き定食)や丼(鮭のハラス丼)、炊き込み御などでも親しまれている。また、やお茶漬けの具、チャーハン、炒めもの、などにも用いられる。

ハラス ハラス

で売られるハラス(紅鮭ハラス)。生のものほか、一夜干し(ハラスの一夜干し)などもある。

Share