治部煮

治部煮とは・・・

治部煮

治部煮(じぶ煮・治部に・じぶに・Jibuni)は、
石川県金沢の郷土料理。石川の伝統料理である「加賀料理」の一つ。そぎ切りにした鴨肉(鶏肉の場合もある)に小麦粉(または片栗粉)をまぶし、、セリなどの青菜、そして金沢名産の「すだれ麩」、人参、里芋などと共に出汁で煮て、醤油、酒、みりん、砂糖などで調味した料理。江戸時代から続く金沢の伝統料理。

スポンサードリンク

鴨肉にまぶした粉には、肉の旨味が外に逃げないよう中に閉じ込める役割があると共に、汁にとろみをつける役割もあり、出来上がりはつやがあってとろりとしている。食べる際には好みでワサビをつけて頂く。

「治部煮」の名前の由来には諸説あり、「じぶじぶ」と音を出しながら煮ることから名付けられた、または、料理を考案した人の名前(岡部治部右衛門)から付けられたなどといわれる。

Share