ままかり寿司

ままかりずしとは・・・

ままかりずし(ままかり寿司・ママカリ寿司・ママカリずし・Mamakarizushi)は、
岡山県の郷土料理「ママカリ料理」の一つ。

ママカリは、体長約10センチメートルほどのニシン科の魚サッパの岡山をはじめとする瀬戸内地方の呼び名で、美味しくてご飯があっという間になくなってしまいさらに、ママ()を借りてくるほど、ということから「ままかり」と名づけられたといわれる。

スポンサードリンク

ままかり寿司は、「ママカリ」を頭と内臓、背ビレ、鱗を落としてから腹開きにし、塩を振ってから酢でしめ、握ったもの。

Share