岡山バラ寿司

岡山バラ寿司とは・・・

岡山バラ寿司

岡山バラ寿司(岡山ばら寿司・岡山ばらずし・おかやまバラ寿司・おかやまばらずし・Okayama barazushi)は、
岡山で伝統的に食べられている寿司の一つ。岡山の郷土料理、岡山の郷土寿司。備前バラ寿司。、五目寿司、混ぜ寿司の一緒。まつり寿司、かくし寿司とも。他の地域で食べられているばらずしと区別するために「岡山ばら寿司」と呼ばれる。

具材としては、さわら、スズキ、えび、ママカリ、しゃこ、藻貝、、サヤエンドウ、アナゴ、人参、レンコン、かんぴょう、高野豆腐、えび、いか、錦糸卵などが用いられる。伝統的にはサワラを酢漬けにしたものをすし飯に混ぜ込んで作り、すし飯も酢もサワラを酢漬けにした際に用いた酢を使うことが多い。

江戸時代に藩主の出した倹約令(一汁一菜、汁物以外に副食を一品にする倹約令)のために、豪華な食事を表だってとることは出来ず、祭りや祝いの際に、様々な具材を混ぜ込んだ寿司飯を「一菜」とし、汁物と食べたのが発祥といわれる。

(画像提供:岡山県観光連盟)

Share