あづべ汁

あづべ汁とは・・・

あづべ汁

あづべ汁(あづべじる・Azubejiru)は、
青森県の津軽半島北端の中央に位置する「今別町」に伝わる郷土料理。昆布や干しシイタケ、魚の焼き干しなどで取った出汁に、ニンジン、ごぼう、大根などの野菜類・根菜類のほか、わらび、ふき(山ふき)、(干しぜんまい)、根曲がり竹(ネマガリタケ)などの山菜類、糸こんにゃく、焼き豆腐、油揚げ、ちくわなどが入った「醤油ベース」の汁もので、「海の幸や山の幸」をたくさん集めて(地元の言葉で「あづべて」)料理を作ることから、「あづべ汁」の名がついたといわれる。

(画像提供:青森県観光連盟)

Share