ひっつみ

ひっつみとは・・・

ひっつみ

ひっつみ(Hittsumi)は、
小麦粉に水を加えて練ったものを少し寝かしてから、手でつまんで一口大の平たい団子状にしたものを、野菜やきのこ、肉などが入った汁に入れて煮込んだ料理。すいとんの一種。東北地方の青森、岩手や宮城などで食べられている伝統的な郷土料理、家庭料理で、地域や家庭によって、用いる食材や味付けなどには様々なバリエーションがある。地域によっては、「ひっつみ汁」「とってなげ」「つめり」などとも呼ばれる。

スポンサードリンク

ひっつみの名の由来

「ひっつみ」の名の由来は、小麦粉で作った生地を手でひっぱって伸ばして鍋に入れることから、その動作を表す方言「引っつむ」が「ひっつみ」に転訛したものといわれる。

ひっつみに用いられる食材

ひっつみに用いられる食材としては、ねぎ、人参、大根、ごぼう、などの野菜類、根菜類、三つ葉、ワラビ、ミズ、せり、うるいなどの山菜類、舞茸、しめじ、椎茸などのキノコ類、鶏肉、豚肉などの肉類、岩魚、鮎などの川魚や、サンマなどの魚介類、コンニャク、油揚げなどが用いられる。地域によってはモクズガニが用いられる(かにのひっつみ、川ガニのひっつみ)など、それぞれの地域や家庭に伝統的な調理法、レシピが伝わっている。

→ すいとん

ひっつみ
ひっつみ(三戸町)
Share