もうかのほし

もうかのほしとは・・・

もうかのほし

もうかのほし(もうかの星・モウカの星・モーカの星・Mouka no Hoshi)は、
ネズミザメ目ネズミザメ科に属するサメ「もうかざめ(ネズミザメ)」の「心臓」のこと。宮城県気仙沼市で食べられている郷土食。気仙沼の郷土料理・。珍味として知られる。「モウカ」は、「マフカ」(「マフカザメ(真鱶鮫)」)が転訛したものといわれる。

スポンサードリンク

サメ類の中では臭みが少ないことで知られ、スライスして刺身(もうかのホシ刺し)や酢味噌で食される。(身は味噌焼き、野菜炒め、、フライなどで食される。)

もうかのほし

スポンサーリンク

Share