下りもの

くだりものとは・・・

くだりもの(下りもの・くだり物・下り物・Kudarimono)は、

京都や大阪など上方で生産され、東海道や中山道を通って江戸に運ばれてきたもののこと。下り酒(上等な酒とされた)など、上方で作られたものは高品質で味がよいことでしられた。

下りものに対して江戸や江戸周辺で生産されたものは地廻り物(じまわりもの)と呼ばれた。

質の高い「下りもの」に対してそれ以外の低品質のものを「下らないもの」といい、それが「下らない」という言葉の語源になったという。

Share