げんべた

げんべたとは・・・

げんべた

げんべた(ゲンベタ・Genbeta)は、
粉で作る皮で、黒砂糖、クルミなどを加えた甘い(くるみ味噌)を包み、囲炉裏やパンなどで焼いたもの。げんべたもち(げんべた餅)。岩手県の。岩手県の一関市や奥州市など県の中部や県の南部地域で、「がんづき」や「小豆ばっとう」などと共に昔から作られ食べられてきた郷土のおやつ。。地域や家庭によって作り方や見た目、味わいには多少の違いがあり、で作る皮を焼いてから甘いみそをかけたもの、皮を作る際に小麦粉に粉などを加えるものなどもある。またの葉でつつんでから焼いたものは「の葉焼き」とも呼ばれる。

Share