地獄炊き

地獄炊きとは・・・

地獄炊き

地獄炊き(地獄だき・じごく炊き・じごくだき・Jigokudaki)は、
長崎県の五島列島の郷土料理、郷土食である「五島うどん」の食べ方、料理の一つ。鉄鍋で茹で上げたうどんが鍋ごと卓上に供され、それを囲んで、とき卵やあご()で取った出汁をつけて食べる麺料理。、長崎のご当地麺料理。ご当地うどんの一つ。グツグツと煮えたぎる様子が、地獄の釜のように見えることから「地獄炊き」の名がついたといわれる。地元では単に「じごく(地獄)」ともいう。

Share