けんちん蒸し

けんちん蒸しとは・・・

けんちん蒸し(巻繊蒸し・けんちん蒸・けんちんむし・Kenchinmushi)は、
細かく切ったニンジン、ゴボウ、シイタケ、タケノコ、きくらげなどと、ほぐした豆腐などで作る「けんちん地(巻繊地)」と、白身魚または鶏肉等を用いて作られる蒸し料理、蒸し物の一つ。

店や料理人、家庭、主となる材料などにより様々なレシピがあるが、例えば、水気を切って絞った豆腐を細かくほぐしてから油で炒めて醤油などで下味をつけ、そこへ別に炒めて醤油などで下味をつけたニンジン、、ささがきにしたごぼう、キクラゲ、枝豆などを混ぜ合わせ、あらかじめ塩を振り八分蒸しにしておいた鯛や甘鯛(グジ)、ヒラメ、さわらなどの切り身に挟む、または上に乗せて蒸しあげ、あんをかけ、仕上げに木の芽やおろし生姜などを乗せる。野菜と豆腐を炒めてから玉子、またはすりおろした山芋を入れてまとめることもある。

Share