桜えびのかき揚げ

桜えびのかき揚げとは・・・

桜えびのかき揚げ

桜えびのかき揚げ(桜海老のかき揚げ・さくら海老のかき揚げ・さくらえびのかき揚げ・さくらえびのかきあげ・Sakuraebi no Kakiage)は、
サクラエビ科に属するエビの一種で、静岡県の駿河湾特産として知られる「サクラエビ(桜えび)」を、、鶏卵、水で作る衣でまとめてかき揚げにしたもの。天ぷらの一つ。桜えびは、生の桜えび、釜揚げ桜えび、または干し桜えびが用いられ、三つ葉やタマネギなどが一緒に入る場合もある。そのまま、塩や天つゆで食するほか、うどんやそばにのせ、「桜えびのかき揚げうどん」「桜えびのかき揚げそば」として、また、丼に盛ったご飯にのせて「桜えびのかき揚げ丼」として食する。農山漁村の郷土料理百選の静岡の食として選定されている。桜えびの漁期は4月~6月まで及び10月~12月。旬の時期に桜えびの水揚げ地である由比や蒲原、大井川港周辺の店にいけば、新鮮な桜えびのかき揚げを食べることができる。

スポンサードリンク

桜えびのかき揚げうどん
桜えびのかき揚げがのった「桜えびのかき揚げうどん」

桜えびのかき揚げの食べられる店

くらさわや

漁協直営食堂「さくら」

スポンサーリンク

Share