ブリのあつめし

ブリのあつめしとは・・・

ブリのあつめし(鰤のあつめし・Buri no Atsumeshi)は、

ブリの切り身を醤油、酒、みりん、砂糖、ショウガ、ごまなどの入ったたれに漬け込んで、どんぶりに盛ったご飯の上に乗せたもの。ブリ以外にもサバ、鯵、カンパチなどの魚が用いられる。あつめし、温飯。大分県佐伯市の郷土料理。

スポンサードリンク

大分のほかの地域では「りゅうきゅう」とも呼ばれるこの料理は、漁師たちが船上で食事をとる際に、手早く美味しく食べるために考え出されたと言われる漁師料理。

農林水産省選定の「郷土料理百選」の一つにも選ばれている。

スポンサーリンク

Share