ふかひれ

ふかひれとは・・・

ふかひれ(フカヒレ・ふかヒレ・ふか鰭・フカ鰭・鱶鰭・鱶ヒレ・鱶ひれ・Fukahire)は、
主に、メジロザメ、ヨシキリザメ、ネコザメ、アオザメ、ネズミザメ、シュモクザメなどのからとれるヒレのこと。背びれ、胸ビレ、尾びれを切り落とし、およそ20日ほどさせて作る。フカヒレは日本では時代頃に知られるようになったといい、干しなどと共に重要な海産物として輸出もされていた。

食べる際(調理の際)には、ぬるま湯で時間をかけて戻し、皮や鱗など不要なものを取り除いてから、などで味をつける。宮城県の石巻や気仙沼の品として知られ、「ふかひれの姿煮」や「ふかひれラーメン」などがとなっているほか、フカヒレの寿司やふかひれ丼、ふかひれパイスープ、フカヒレの入った碗蒸しなどもある。

フカヒレ入りの茶碗蒸しフカヒレ入りの
気仙沼市のフカヒレの天日干しの風景気仙沼市のフカヒレの天日干しの風景 「写真提供:宮城県観光プロモーション推進室」
Share