穀煎

穀煎とは・・・

穀煎(こくせん・Kokusen)は、
岐阜県飛騨地方の伝統的な菓子。岐阜の郷土菓子。飛騨の伝統的な駄菓子。飛騨銘菓。黒ゴマ、白ゴマ、落花生、大豆などを主原料に水飴を混ぜ、薄く伸ばして作られる菓子。仕上げにきなこをまぶしてある。おこしの一種。「斐太国撰(ひだこくせん)」「国撰」とも。胡麻のものを「胡麻こくせん・黒ゴマこくせん」と呼んだりもする。その名は原料である穀類を煎って作ることから(穀を煎る → 穀煎)。飛騨地方を中心にスーパーマーケットや道の駅、コンビニなどで売られている。柚子や山椒が入ったものもある。

→ けんけら (穀煎とよく似た福井の郷土菓子)

スポンサードリンク

Share