三河島菜

三河島菜とは・・・

三河島菜(みかわしま菜・みかわしまな・Mikawashimana)は、
現在の東都荒区を中心にされていたの一つ。時代から大正時代頃まで用の「漬け菜(漬菜)」といえばこの「三河島菜」を指していたといわれるほど数多く栽培され流通していたが、関東大震災をきっかけに、三河島菜を栽培していた土地の宅地化(栽培量の減少)や宮城県で栽培されていた「白菜」が入ってくるよなったことで主流の座を奪われて次第に姿を消し、いつしか「の漬け菜」と呼ばれるようになった。

現在では、江戸野菜(江戸野菜)の一つに選定され、東京の小平市などで栽培されているほか、食育の為、かつての栽培地であった荒川区内の小学校などで栽培されている。

Share