ふくれ菓子

ふくれ菓子とは・・・

ふくれ

ふくれ菓子(ふくれがし・フクレ菓子・Fukure gashi)は、
主に鹿児島県や宮崎県で食べられている郷土菓子。蒸し菓子、蒸しパンの一種。)と小麦粉、重曹、、水などを材料に作られる素朴な菓子で、地域や家庭、店により牛乳や卵、蜂蜜、黒酢、米粉なども用いられる。また、フレーバーのバリエーションとして、ヨモギが入ったものや、南瓜(カボチャ)、アズキ、抹茶、シナモン、ココア、タンカン、落花生(らっかしょ)、ハンダマ(スイゼンジナ)、生姜などが入ったものもある。たんに「ふくれ」とも呼ばれるほか、「ソーダ菓子」「ソーダ餅」「ふくれかん」「ふくりかん」などとも呼ばれる。鹿児島のご当地菓子、宮崎のご当地菓子。

重曹を用いており、蒸すと生地がふわっと大きく膨らむその様子から「ふくれ」の名がつけられたといわれる。かつては一般家庭で作られ、子供たちのおやつ、庶民的なお菓子として親しまれた郷土菓子。現在では菓子店やスーパーマーケットなどでも売られている。

ふくれ菓子
Share