しみ芋

しみ芋とは・・・

しみ芋(凍み芋・凍みいも・しみいも・shimiimo)は、
1. ジャガイモを凍らせて水分を抜いた保存食。山梨県の郷土食。

昼と夜の寒暖差を利用して作られる伝統的な保存食で、ジャガイモを畑に敷いたゴザの上で夜のうちに凍らせ、太陽が昇って溶けたら足で踏みつけて搾る。それを数日にわたって繰り返した後、乾燥させて保存する。調理に用いる際には、水から煮て戻し、そのまま、または汁物などに入れて醤油や味噌などで調味して食する。

スポンサードリンク

2. 主に北海道や東北地方などで作られている保存食。冬の寒い時期(2月頃)に、ジャガイモを洗ってから軒下などで数日間凍らせた後、お湯につけて皮をむき、紐に通してさらに数日流水に浸してアクを抜き、軒下などに吊るして風に当て乾燥させて作る。利用する際には、主に石臼で粉にして、凍み芋餅や凍み芋団子などを作る。

スポンサーリンク

Share