ひき菜炒り

ひき菜炒りとは・・・

ひき菜炒り(引き菜いり・引き菜炒り・ひき菜いり・ひきないり・Hikinairi)は、
野菜を炒めて作る福島県の郷土料理。「ひき菜」とは大根、人参などの野菜を千切り・細切りにしたもの(もしくは千切り・細切りにしてから湯がき、凍らせたもの)で、「ひき菜炒り」は、大根やニンジンの細切りを、同じく細切りにした油揚げや薩摩揚げなどともに炒め、、酒、みりんなどで調味したもののこと。「大根のひき菜炒り」とも。

元々は、冬場の為に千切りにして保存した野菜で作られた料理といわれ、福島県の北部地域の郷土料理として昔から家庭で作られ食べられてきた家庭のお惣菜の一つ。大根のほか、にんじんや椎茸、、ひき肉など、家庭により用いる具材には多少の差があり、味付けも様々。

Share