もつ煮込み

もつ煮込みとは・・・

もつ煮込み(モツ煮込み・もつ煮こみ・もつ煮込・もつにこみ・モツにこみ・Motsu nikomi)は、
豚や牛、鶏、馬などのモツ(胃や腸などの内臓)を煮込んだもの。単に「もつ煮」「煮込み」とも。日本各地の家庭はもとより、居酒屋や食堂などの飲食店で、酒の肴、ごはんのおかずとして好まれている。地域によって、用いるモツの種類・部位や味付け、一緒に煮こむ食材などにはバリエーションがあるが、広く知られているものとしては、豚、もしくは牛の腸(小腸)をよく洗ってから下ゆでし、一口大にカットしてから、大根や牛蒡、ネギ、ニンジン、、コンニャク、豆腐などの食材と、味噌や醤油、、みりん、、酒などの調味料を入れ煮込んで作る「モツ煮込み」がある。店や家庭にもよるが、盛り付けの際には長ネギのみじん切りを添え、(一味唐辛子・七味唐辛子)を振り、食する場合が多い。

スポンサードリンク

北海道や長野などでは馬のモツを煮込んだ「モツ煮込み」、山梨県の甲府市では鶏のモツを煮込んだ「甲府鳥もつ煮」が知られる。

スポンサーリンク

Share