ホルモン揚げ

揚げとは・・・

ホルモン揚げ(ほるもんあげ・Hormone-age)は、
揚げにしたもの。
群馬県富岡の食。上州富岡

古くから地元の縁日などで売られてきたもので、甘じょっぱい特製の「甘辛ソース」をかけたもが市内のスーパーマーケットや屋などで販売されている。

70年ほど前に富岡市内の河合商店の主によって考案されたのが発祥で、当初は本物のホルモンを使用していたが、冷めると脂が固まるため、冷めても美味しく食べられるよと試行錯誤した結果、見た目が似ているちくわを使うようになったという。
ちくわを使うようになった後もホルモン揚げの名前を使ったために、今もホルモン揚げの名で親しまれている。

「生ちくわ」よりも水分が少なく、やや大きめの「焼きちくわ」を用い、串にさして衣をつけて揚げる。
外側がさっくり、中がもっちりとしており、ウスターソースとなどを混ぜた特製ソースがしみている。

Share