味付けがんも

味付けがんもとは・・・

富士宮の甘いがんも

味付けがんも(味つけがんも・味付けガンモ・あじつけガンモ・あじつけがんも・Ajitsuke ganmo)は、
主に静岡県の富士市、富士宮市で製造・販売されている甘い味付けのがんもどき。富士、富士宮のご当地グルメ、、ソウルフードの一つ。一般的な「(飛竜頭・ひりょうず・ひろうす)」よりも砂糖が多めに入っており、かなり甘めなのが特徴の「甘口がんも」。砂糖が多いため、通常の「がんもどき」よりも色が濃い目でこげ茶がかったものが多い。「スイーツがんも」「味がんも」「富士スイーツがんも」「富士山味がんも」「甘口がんも」「甘くちがんも」等の商品名がつけられており、丸い形のほか、花びらのような形をしたもの(花形がんも・花がんも)もある(※)。

※元々、富士市のがんもは法事などの際に用いられていたもので、昔は花の形(梅の花)をしたものが主流であったという。

富士市や富士宮市内の豆腐屋さん(豆腐店)やスーパーマーケットなどで販売されていて、豆腐店(製造場所)によって味わいに多少の違いがある。食事としてのほか、おやつとしても食され、食べる際には、そのまま冷やして食べるほか、少し温めて食べることもある。そのほか、味付けがんもをパンに挟み、ソースやマスタードなどで味付けした「がんもいっち」というサンドイッチが富士市で販売されている。

味付けがんも
Share