甲府鳥もつ煮

鳥もつ煮とは・・・

甲府鳥もつ煮(こうふとりもつに)は、
山梨県甲府市を中心に食べられている

新鮮な鳥のを、醤油や、みりんなどで、短時間でさっと照り煮にしたもので、
気が多く、長時間煮込まれて作られる一般的なもつ煮と異なる。

1950年頃、通常捨てられていた鳥のモツを、としてどか利用できないかと考えた
甲府市内のソバ屋の主人によって生み出されたといわれている。

それは次第に評判となり、市内のソバ屋を中心に居酒屋等の飲食店に広がっていった。
現在、「ほうとう」などと並ぶ名物として、地域に根付き、
地元の人々や甲府を訪れた観光客に愛されている。

タレが少なく、強火でされるので、
焦げてしまったり生煮えだったりしないようにするために、
火の通り具合を見極める目と絶妙なタイミングを要求されるという。

甲府鳥もつ煮

甲府鳥もつ煮

Share