白河ラーメン

白河とは・・・

白河ラーメン

白河ラーメン(Shirakawa Ramen)は、
福島県白河市を中心に食べられているラーメン。福島のご当地ラーメン、ご当地麺料理の一つ。福島のとして知られる。

ガラや豚骨を用いた醤油味のに、多加水の手打ちの平打縮れ麺が入ったラーメンで、主なトッピングとしては、チャーシュー、メンマ、刻み、ほうれん草、ナルトなどが用いられる。

「とら食堂」の創業者で「とらさん」の愛称で親しまれた故・故竹井寅次氏が、白河で的に食べられている「手打ち」の作り方を中華に取り入れて確立したといわれ手打ち麺と、鶏と豚骨を用いて時間をかけて出を取るスルが白河ラーメンの基本で、醤油味のスープと、そのスープがよく絡む、手打ちの幅広の平打縮れ麺が特徴。42〜47パーセントという多加水のもっちりとした麺は、数日寝かせて熟成させた生地を包丁で切った後、手でよく揉むことによりしっかりとした縮れのある麺となる。

とら食堂、すずき食堂、たいち、火風鼎、いまの家といった有名店をはじめとする白河市内の100店近くのラーメン店ほか、道の駅などでも提供されている。

Share