焼霜造り

焼霜造りとは・・・

焼霜造り

焼霜造り(焼き霜造り・焼霜づくり・やきしもづくり・Yakishimozukuri)は、

魚の皮目に強火の直火で焼き目を入れてから、氷水などで冷やし、刺身にしたもの。またはその調理法。皮霜の一種。松皮作り。

皮目の旨味を味わうための調理法で、鯛やイサキ、カマス、、ノドグロ、寒ブリ、グジ(アマダイ)、、鱧、アナゴ、、メジナなどに用いられる。

Share