あげかまぼこ

あげかまぼことは・・・

)は、かまぼこを揚げたもの。
地域により、「」「テンプラ」「」「」などとも。

白身魚等のすりみを原料に、地域や家庭によりつなぎを入れ、塩や酒などで味を調えてから、揚げる。
油で揚げることにより、すり身の旨味にさらに香ばしさなどが加わる。

スポンサードリンク

そのままや、焼いて、または醤油や酒、砂糖などで煮て食べるほか、おでんの種として、
うどんやそばのトッピングとしても用いられる。

形状や素材により、平天、、角天、、ほねく等とも呼ばれる。

長天

長天(島根)

かくてん

かく天(徳島)

ほねく

ほねく(和歌山)

またすり身にイカやタコ、野菜などを入れたり、ごぼうなどを巻いてから揚げるものもあり、
それぞれイカ天、タコ天、野菜天、ごぼう天などと呼ばれる。

たまねぎ天

たまねぎ天(島根)

また、赤天、じゃこカツ、魚ろっけ、がんす、フィッシュカツ等、パン粉をつけてフライ風に揚げたものもある。

がんす

がんす(広島)

赤天

赤天(島根)

フィッシュかつ

フィッシュかつ(徳島)

Share