雲海鍋

雲海鍋とは・・・

雲海鍋(うんかいなべ)は、
兵庫県の有馬温泉の宿「天地の宿 奥の細道」で供される、砂糖の代わりに綿アメを用いたすき焼き。名物料理。

白い綿あめがまるで雲海のように鍋に盛られており、そこに黒毛和牛を乗せ火をいれると綿あめがみるみる溶ける。
この綿あめの甘みが牛肉に絡みつき、絶品のすき焼きが出来上がる。

スポンサードリンク

見た目の派手さ、賑やかさのみならず、綿あめはザラメや砂糖に比べ甘みがまろやかで、肉全体に味がしみやすいという。

Share