アワビの残酷焼

アワビの残酷焼とは・・・

アワビの残酷焼(あわびのざんこくやき)は、生きたアワビをそのまま網に乗せて焼いたもの。

一仕事を終えた海女が、小屋の中で囲炉裏を囲みながら、採りたての魚介類を生きたまま炭火で焼いて食べたのが始まりという。

スポンサードリンク

Share