葛菓子

葛菓子とは・・・

葛菓子

葛菓子(くず菓子・くずがし・Kuzugashi)は、
マメ科クズ属のつる性の多年草「クズ()」の根から採れるデンプンを精製して作られる「葛粉」を用いて作られる菓子。干菓子。和菓子の一種。押し物、打ち物の一つで、葛干菓子、葛落雁などとも。奈良の吉野の菓子、銘菓、郷土菓子として有名で「吉野葛菓子」とも呼ばれる。

吉野葛(吉野本葛)に和三盆糖、さらにものによっては食紅、抹茶などを混ぜ、桜などの花びらやつぼみ、葉っぱ等の形をした木型を用いて打ちだして焙炉を用いて乾燥させて作られる。すっと溶けていく滑らかさと上品な味わいが特徴。吉野のほか、下市町、宇陀市、奈良市、大和郡山市などで製造されており、有名老舗としては、1585年(天正13年)創業で400年以上の歴史を持つ「老舗御菓子司 本家菊屋」や、1615年(元和元年)創業の「黒川本家」、江戸時代中頃創業の吉野久助堂、1842年(天保13年)創業の「松屋本店」などがある。

葛菓子葛菓子
Share